肉眼新星あらわる

PNV J18365700-2855420

発見者はオーストラリアのジョン・シーチさん。等級を見てびっくり。え、6等?明るい!!いるか座新星から約2年。肉眼新星がまたもや現れるとは。あ、ちなみに早速分光による同定がされたみたいで、ATel に報告があがってました。

ATel #7230
Spectroscopic Observation of PNV J18365700-2855420 with the Liverpool Telescope

バルマー線をはじめ、Fe II などの輝線が受かっているようです。P Cygni profile も見られ、膨張速度は 2800 km/s くらい。fast nova かもしれませんね。それから、meineko さんも早速リモート望遠鏡で撮像されています(画像のリンク) 。さて極大は何等になるやら。

ちなみに、静穏時の明るさも VSNET に情報が流れてたので、私も Aladin で確認。TOCP にあがっている他の観測者の位置情報も考慮し、 GSC2.3 で確認してみると母天体は確かに S9TX014494 なのかなぁという感じ。明るさは GSC2.3 だと V=16.05 等、NOMAD だと V=15.37 等でした。

以下、いつもの今夜の高度変化と広めの確認星図:

PNVJ1836_Sgr_altitude

PNVJ1836_Sgr_chart

カテゴリー: 新天体 パーマリンク

肉眼新星あらわる への2件のフィードバック

  1. meineko のコメント:

    いて座のつなぎ方が、ティーポットなのが新鮮ですw

  2. Iak のコメント:

    > meineko さん
    落としてきた星座線のテーブル、他にも珍しい (?!) 結び方をする星座があります (^^; チマチマやれば、この手の星座線テーブルって自前で作れそうですが、なかなか手が動きません (汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です