Nova Cyg 2014

先日 Nova Cyg 2014 (発見者: 西山氏&椛島氏) の観測成果をAkazawa氏、Maehara氏と共に ATel へ報告しました。4月に0.1等ほどの短時間変動が見られ、さらに全体の光度変化も増減光を繰り返しており、なかなかユニークな新星です。さて、スペクトルの変化はどうなっているのでしょうか。これも気になるところです。

ATel #6128
Short-term light variations of theNova Cyg 2014

カテゴリー: 研究 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です